業務案内(三店方式)

「三店方式」に基づいた景品のご提供

当社は創業以来、約半世紀にわたり厳格な「三店方式(三点方式)」に基づいた景品提供をさせていただく事により、お取引ホール様から絶対の信頼をいただいております。
当社が行う「三店方式」は、ホール様は当然のこと、買取業者との間においても人的、資本的関係は皆無であり、行政の見解にマッチしたクリーンなシステムにより運営され、ホール様の遵法営業のためのサポートをさせていただいております。

当社ミッションのひとつとして、「お客様が安心して遵法営業が出来るよう全力でサポートを心がけよ」があります。
お取引ホール様が「安全」且つ「安心」なホール営業に専念できるよう全社で誠心誠意お取り組みをさせていただきます。

最高のパフォーマンス 日本全国に対応!!

3つのポイント

  • 法令遵守の徹底でお客様に安心と安全を提供し、お客様の遵法営業を全面サポートいたします。
  • 風営法23条並びに各都道府県条例に基づく健全な流通システム(三店方式)を提供いたします。
  • 景品運搬時の防犯教育強化及び徹底。

サービス

  • 三店方式に基づく遵法営業を日本全国サポートさせていただきます。
  • 流通システム整備などのお問い合わせには懇切に対応させていただきます。
  • 還流問題に関してのご相談にも対応させていただきます。
  • 景品買取会社などのご相談にも対応させていただきます。
  • その他ご不明な点についてご相談承ります。

相談事例 Q&A トップ3

Q1. 景品はどこが準備するのでしょうか?
A1. 景品卸会社が予想取り扱い日額の1.5~2倍相当の景品をメーカーから購入して準備致しております。
ホール様は、景品卸会社から購入して遊技客に提供するのみです。
Q2. 景品の配送は毎日するのでしょうか?
A2. 当社は、ホール様が休業する日以外、毎日ご注文に応じた数量を配送させていただきます。配送には当社が予めホール様に対しお届けした当社の社員が担当させていただきますので、ご安心いただけるものと確信いたします。当社は信頼と安心を毎日お届けする事をお約束いたします。
Q3. 景品に偽造、変造品が混入した場合は?
A3. 基本的には、ホール様には一切のご負担はありません。
当社と取引関係にある景品買取会社が運営する景品交換所において、遊技客が交換する際に偽造、変造品を厳格に判別しております。万一偽造、変造品の混入があった場合には当社において全ての責任をもって対処致しますので、ホール様の不安は全くありません。

危険ハラハラ相談事例 Q&Aトップ3

Q1. ホールスタッフが毎日、景品交換所から景品を引き上げホールに納入しています。
A1. 社内的なローコストだけで考えると危険です。自家買い行為は法律や条例でも禁止されている行為です。
Q2. 景品交換所の人件費の支払はホールが支払っていますが・・・?
A2. ホールが支払う相手先に景品交換所に関わる経費が発生していたら、買い取らせに関与していると思われる行為になります。
Q3. 閉店後、景品交換所から直接景品と残金を事務所に戻してます。防犯のためにも良いかと思うのですが・・・?
A3. 防犯上よりも法律上危険です。ホールが景品交換所と関係していると思われる危険な行為です。

危険ハラハラ相談事例は風営法や県条例に抵触の恐れがあります。遊技機の不正改造や遠隔操作など同じように「営業許可の取消し等」の可能性があり非常に危険です。今すぐご相談ください! お問い合わせはこちら